真養会について

理事長挨拶

医療法人社団真養会理事長 田澤穆

医療法人社団真養会理事長
田澤穆

真養会の前身である田沢医院は昭和28年、現所在地である沼津市大手町に個人医院として開設致しました。昭和45年には県東部地区の緊急医療体制の必要性を考慮し、施設の拡充を図り、田沢病院として新たに出発致しました。以後、県東部の救急医療センターとしての認識のもと、病院職員一丸となり、地域住民・諸団体、相携えて、地域医療の発展に努めて参りました。

時代は過ぎ、地域医療拡充・緊急医療体制の整備と向上のもと、予防医学・総合的な老人医療と福祉への必要性を感じ、昭和53年には、予防医学の為に「東部健康管理室」を開設。昭和61年には、沼津市大平地区住民の要望により「大平診療所」を開設。今後の高齢化社会への取り組みから、平成4年には全国に先駆けて、また、県内で初めての「訪問看護ステーションぬまづ」を開設。最初は右も左もわからない状態でしたが、各関係機関のご支援により、1件ずつ確実に応対することによって、地域の皆様にも理解して頂き、現在では真養会をはじめ、県内に多くの訪問看護ステーションが開設するに至っています。

わが真養会でも、平成7年には大平に「訪問看護ステーションはまゆう」を、平成11年には「訪問看護ステーションはら」を開設し沼津市全体をカバー出来る基盤を作り、平成19年4月1日には「ぬまづ」「はら」を統合、幅広く迅速に地域ニーズに応えられるようにいたしました。。また、平成7年には老人の自立と家庭復帰のために「介護老人保健施設おおひら」を開設。平成11年には老人在宅の相談窓口として、「きせがわ在宅介護支援センター」を開設。平成12年には療養型病院・リハビリを充実させた施設として、「きせがわ病院」を開設。現在に至っています。

以上によって真養会は、地域医療を予防から治療・看介護、生活能力の回復、在宅での看介護という大きな流れでとらえ、より親密で的確な総合医療の確立を目指しております。これからも真養会職員一同、地域医療の為に全力で取り組んで参りますので、宜しくお願いいたします。

理念

真養会では「小さな親切、思いやり、誠意をもって地域医療に貢献」を理念として掲げ、地域に密着した医療の実現、在宅総合医療の実現を目指しています。

医療法人社団 真養会 一般事業主行動計画

概要

当法人は、職員が仕事と子育てを両立できるように、また職員が出産、育児、仕事に安心してできるように、職員全体が妊娠中や出産後の女性職員の健康の確保についての制度を理解することにより、働きやすい環境をつくります。そのため次のように行動計画を策定します。

  1. 計画期間 平成27年4月1日~平成32年3月31日
  2. 目標 妊娠中や出産後の女性労働者の健康の確保について、労働者に対する制度の周知や情報提供及び相談体制の整備の実施